腸内環境が肥満体質や痩せ体質に関係するという話はご存じの方も多いでしょう。

最近の研究では、やせる腸内環境を作ってくれる「やせ菌」が「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」という物質であることがわかっています。

今日は、短鎖脂肪酸を増やしてダイエットする方法について書きたいと思います。

短鎖脂肪酸はどんな食品に含まれているのかというと、お酢やバターなどに入っています。

でも、短鎖脂肪酸は自分の腸の中で生み出すことができる物質でもあるんですよ。

それってちょっと嬉しいですよね♪

外から摂取しないと増やせないって言われちゃうとハードル高いですから。

じゃあ、どうすれば短鎖脂肪酸を増やすことができるのでしょうか?

それは、実はとっても簡単♪

食物繊維を摂取すればよいだけです。

なぜなら短鎖脂肪酸は食物繊維を原料にして作られるものだから。

食物繊維といえば、海藻やきのこ、野菜などに含まれていますよね。

食物繊維は血糖値の上昇を穏やかにしてくれるので、ダイエットに有効とされていますが、腸内のやせ菌も増やしてくれるなんて、見直したわぁ♪

食べ物で摂取するのが難しいという人は、食物繊維のサプリメントとかドリンク、お茶などを利用しても良いでしょう。

個人的にはごぼう茶とかもいいんじゃないかな?と思います。
おいしいし、手軽だし。

「グァー豆」という豆は短鎖脂肪酸を増やしやすいと言われる食物繊維を含んでいます。

グァー豆を使った食物繊維のパウダーもあるみたいです。
これだとかなり手軽に摂取できます。

サンファイバー【楽天市場】

腸内環境を改善できれば、ダイエットしてもなかなか痩せないなぁ・・・と悩んでいる方も体重に変化が表れるかもしれませんね!